新着情報&トピックス

2015年06月15日 

株式会社ジョブネット 濵田CFO講演

5月12日(火)

博多経友会では株式会社ジョブ・ネット 監査役兼CFOの

濵田さんにご講演いただきました。

濵田さんは現在2社の社長と2社の取締役をされています。

以下、講演会の内容を簡単に?ご紹介いたします。

 

<株式会社ジョブ・ネット>

ジョブネットは人材派遣の会社で週末のイベント企画に女性を派遣していた会社です。

5年前から業績がジリ貧の状態の時にアイドルグループ「LinQ(リンク)」を結成。エンターテイメント業界へ参入しました。

 

<アイドルグループの地域への必要性>

笑顔の架け橋、地場の女の子の夢をかなえる。男子には野球があるが、女の子には無い

将来の夢は歌ったり踊ったりというものがあるがみんな辞めていく。

たとえやろうとしても芸能界には家族の協力が必要。福岡はハンデがある。そこにマーケットを作ろうと考える。

 

テーマ:どんな状況になっても福岡の企業で在り続ける。

    やるからには本気で世界に打って出る、それを目指そう。天神から

 

そしてシングル6枚目でデイリーチャートトップをとる。

 

<マネージメント>

組織論だと思っている。イコール人材育成「働く意味を伝える」

組織にヒトをはめていくことが大切。逆は無い。大手は出来上がっている。

歯車の中でやっていく。組織がしっかりしていないと会社は回らない。

どれだけ社内社外で周りを固めていくかイコール社長の夢実現の組織。

動かすのは組織。

経営計画から大枠の数字2、3、5年のものを考え事業をやっていく。その結果が数字。出てきた数字、)決算数字が実力。実働組織をつくるのが大事。

手書きでもいいから事業数字を書き、考えていく。

AOKIの社長の話が参考になった。

大企業でフラット型を実践、並外れた精神力とエネルギー。カリスマ性が大切。

社長、その他は全て社員1:1000の経営。

社長室に30年計画、組織図が壁にはられていた。30年後、社長は98歳になっている。

そこまでの覚悟を持って考え、それに基づいて組織を作っている。

 

 

LinQは素人15人を選んでスタート。ポジション最初からは決めていた。

 

15人の架空の人物像を作り、2000数百人の中から選んで当て込んでいく。

当時中2から高3であったが、いまだにセンター。4番は最初から4番。トップは変わらない。決まっている。そういう考え方。徐々に上がるモのではない。

そして4番ばかりを揃えても機能しない。

それぞれがそのポジションにいるからこそ、その人の成長がある。

それは会社経営でもスポーツも同じではないだろうか。

みんなエースで4番の気持ちで入ってくる。しかしLinQには9組、各30名の下部組織がある。

その中でポジションがかぶったらその人は上がれない。競争原理と序列がある。

そしてそのことは本人がいちばん分かっている。役割分担、役目を明確にしていることが大切。

 

<ジョブ・ネット経営理念・ビジョン>

基本発想はここでした。

「自社の優位性を何で活かすか?」

「女性を活かす。会社、地域の強みをどう活かすか?」

 

東京変調思考だから海外へいった。 博多に強みはある!

社会背景は終身雇用からの変化している。

どこにいてもパソコンと携帯があれば仕事ができる。 チャンスは仕事の変化。環境の変化

仕事のやり方、ビジネスの多様化。時代背景。

これからも変わっていくべきところ。30年先、50年先の経営方法。

今を減らして別をやるか、利益性を上げる。

今を守りアジアへ出ることが取った方向性。

そして教育関係と提携等、裾野を広げることを行う。

若い子に給料をたくさんあげて楽しくする。社長がやるべきことは本気で考えること。

しっかりと根をはやして業績を挙げないと聞く耳も持たれない。だからこそ実績を上げる。

それは中小企業の使命。

 

位置づけ

「LinQ=スポーツエンターテイメント」

 地域フランチャイズ戦略。地域から。サッカー等と一緒。

目指すはホークスやアビスパ。

市、自治体、行政等いろいろな協力で海外へ。

心を満たすものはエンターテイメント。

日本の歴史を海外は知っている。だからこそエンターテイメントを輸出すれば。

そして日本、福岡に来てもらうことにつながる。

4年で630回 一回の講演動員の平均150人。 累計85万人のほとんどが海外のかた。

だからこそ立地条件である福岡は有利。

 

 

業界の創出 場を作る

マネージメント 組織論

地域の優位性

 

当たり前を当たり前にやり続ける。

商社時代に言われたこと「なぜ富士山は日本一なんだ」 「それは裾野があるから」

いかに裾野を作るか?それが組織だと思う。

     

次回の博多経友会のお申込み